電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

お口が渇く?ドライマウス予防法

2015年12月12日

ドライマウスとは、唾液の分泌量が減少することで口内が乾燥していることを言います。
唾液には自浄作用があるため、これが低下することで口内の殺菌が上手くできなくなり、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
そうなると、虫歯になるといった口内の問題だけでなく、身体の抵抗力低下による風邪などの感染症リスクも上がってしまいますから注意が必要です。
更に、ドライマウスが理由で口内に激痛が生じてしまうことがあります。

多くの問題があるドライマウスですが、これを予防するために一番いいのは生活習慣の改善です。
どんな風に改善することが有効なのか少し記しましょう。

◆食生活の見直し

先ず、食べ物をよく噛むことで唾液をしっかりと分泌させることが重要です。
噛まない習慣がある場合は、よく噛まないと食べられないものを意図的に増やしたり、噛む回数を数えるなどの工夫をしてください。
また、梅干しなどを始めとした酸味の強いものを食べることで唾液の分泌量を促進することもできます。

◆生活習慣の見直し

喫煙、飲酒などはドライマウスを起こす理由になります。
喫煙量を減らし、できれば禁煙したり、過度な飲酒を控えたりすることで健康的な生活に変えていきましょう。

◆リラックスが重要

緊張状態が続くと唾液の分泌量が低下していきます。
難しいかもしれませんが、できるだけリラックス状態を維持できるように意識しましょう。
趣味などの楽しみを見つけたり、一息つく時間を作るようにしたりするのもいいでしょう。
また、ウォーキングなどもお勧めできます。

◆ガムなどを食べる

口内が乾いていると思った時には保湿剤配合の飴、ガムなどを食べることも効果的です。
ただし、これらが元で虫歯になっては意味がありませんから、糖分がなく、キシリトール配合といったものを選ぶようにしましょう。
他にも、保湿剤配合のデンタルリンスなどを使用するという方法もあります。
また、就寝中にマスクをすることでも口内の乾燥を防げます。

◆マッサージ

お風呂に入ったときなどに、指でやさしく歯肉をマッサージしてあげたり、アゴの骨の内側を軽く押さえたりするのも効果的です。血行が促進され、唾液線を刺激することで、唾液の分泌量を促進することができます。

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは047-385-4183へ

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00
/
/
/
/
/
/
休診日:木曜・日曜・祝日
▲・・・土曜午後 14:00~17:30
ご予約・お問い合わせはこちら
外観
求人情報
フェイスブック
フェイスブック
お口をキレイにすることで、全身と心の健康を保つ家族にしてあげたい治療や予防を提供します 「まりデンタルクリニック」
© まりデンタルクリニック